弁護士に慰謝料請求をしたときのプライバシーの管理はどこまで

大切な相性の部分

困った女性弁護士といっても、実にいろいろな人がいます。プライバシーの管理という面では、相性や人柄といった問題もかかわってくるでしょう。もちろん、どの弁護士も依頼者の利益を最優先とし、最大化する努力を重ねていきます。ですが、どうしても相性が存在し、深いと思うような相手も出てくるでしょう。そうなると、適切な信頼関係は構築できず、どうしても不信感が募ります。さまざまなポイントで相性は存在することから、細かなところまで確認していく必要があるでしょう。

弁護士と慰謝料の話をしていくうえでは、何度も接触しながらさまざまな話し合いを持っていかなければいけません。当然ですが、プライバシーに踏み込んだ話題にもなっていきます。夫婦関係がどういった状態だったのかといったことも確認しなければいけないからです。話題の内容から考えても、不快にならないような相性の相手でなければいけないでしょう。メンタル面でもサポートできているかどうかも重要になってきます。信頼関係を築けなければ、その先にも進んでいけなくなってしまいますし、代理人として活動してもらうわけにもいかなくなってしまうでしょう。

相性を見てみるためにも、多くの話をしてみることが大切です。直感的な部分で判断するのもいいでしょう。プライバシーの管理という面でも重要な要素ですので、単に情報だけで判断しないようにすることが大切です。

〈参考サイト〉アディーレ│慰謝料なら弁護士相談


大切な相性の部分
Previous post
事務所での配慮
Next post