弁護士に慰謝料請求をしたときのプライバシーの管理はどこまで

弁護士に依頼する

結婚をしたら、幸せな生活を送っていけるようにできるのが一番です。ずっと送れることが一番ですが、そう願っていても現実的に難しい場合が出てきます。何でもうまくいくとは限らないのが現実だからです。結婚生活には、多くのトラブルが起きてきますが、その中でも大きな問題になってくるのは、不倫というところになってくるでしょう。たった一回のことであっても、幸せな結婚生活を破壊するだけのインパクトをもたらします。ショックも大きく、整理がつかないような事態になるのも珍しくありません。精神的に病んでしまうような事態に陥ることもあるでしょう。

お金不倫によって傷ついたことは、大きな跡になって残る事態です。苦痛も続くことでしょう。これに関して慰謝料というかたちで請求できる場合が出てきます。法律的に、不貞行為をするというのは、禁じられていると考えていいでしょう。夫婦関係を結んでいるのにもかかわらず、不貞行為をしたのであれば、損害賠償を請求する権利が発生すると考えられます。ですが、現実的な問題を考えれば、どういった方法を取ればいいのか、その時にプライバシーはどこまで守られるのかという問題も出てくるでしょう。依頼は簡単かもしれませんが、一体どこまで何ができるのか、これを知ることは容易ではないからです。

実際に慰謝料請求は、パートナーだけではなく、不倫をした相手にも請求が可能です。ある程度の知識を持っていることによって、弁護士に依頼しても効果を高めることができるようになっていきますので、参考にして進めてみてはいかがでしょうか。


弁護士の守秘義務
Previous post
弁護士に依頼する
Next post